• 介護ホームを選ぶなら有料老人ホームをおすすめします

    • 近年、日本は超高齢化社会に入り、国民の4人に1人が65歳以上の高齢者となっています。
      認知症問題や老々介護、高齢者の孤独死なども社会問題となり、社会保障費も増大し、高齢者にかけなければならない国民の負担も増大しています。



      しかし、国は高齢者の負担を軽減するどころか、一定の収入がある高齢者からは負担割合を増やす方向へ政策を移行しています。



      そのような中で、たくさんの高齢者が介護ホームを選びたいと考えていますが、種類がたくさんあってなかなか選び難いものです。


      ここではその介護ホームの中でも有料老人ホームについて説明します。施設には大きく2種類あり、国や社会福祉法人が運営する特別養護老人ホームと民間企業などが運営する有料老人ホームがあります。


      学校に言い換えると公立と私立のような感じです。

      有料法人ホームは入居料などは高めに設定されていますが、特別養護老人ホームと比較すると、サービスの質が圧倒的に異なります。



      まずは部屋に関しても、ホテルのような室内に介護専用の手すりやベッド、浴室、トイレなどが完備され、必要な時にしっかりした介護を受ける事が出来ます。

      また食事などについても最近ではホテルなどと提携して、レストランで食べるような豪華な食事を提供されます。管理栄養士の作成した献立に基づいて作られるので、栄養面でも安心して食べる事が出来ます。外出などの行事も施設の取り組みとしてサービスで行います。

      希望があればオプションなどで遠方への外出などにも介護職員が同行して出かける事ができます。


      もしあなたが介護ホームを検討しており、充実したシニアライフを過ごしたいならば、有料老人ホームがおすすめです。

  • 福祉の秘密

    • 介護ホームについての情報

      介護ホームとは介護を行なう施設のことを指し、さまざまな種類があります。介護ホームにはほかにも、介護施設や老人ホーム、デイサービスなどのような呼び方もあります。...

  • 1から学ぶ福祉

    • 知っておきたい介護ホームのこと

      介護ホームは別名では介護施設や老人ホームなどとも呼ばれる施設のことであり、介護を必要とする人たちが入居するところです。一般的に利用する際には料金を支払う必要があり、また入居にも条件があるのが特徴です。...

  • 福祉の情報まとめ・納得の知識

    • 介護ホーム利用について

      介護保険に基づく介護ホームでのサービスを提供する事業者・施設と入居者の契約にあたっては、運営基準において、あらかじめ、入居申し込み者又はその家族に対して、事業運営についての重要事項に関する規程の概要、サービス提供にあたる者の勤務体制、その他の入居申し込み者のサービス選択に資する事項を記した文書を交付して説明を行い、当該サービスの提供の開始について入居申し込み者の同意を得なければならない旨の規定があります。この同意は、入居者及び事業者双方の保護のため、書面によることが望ましいとされています。...

    • 介護ホームを選ぶときに必要なこと

      超高齢化社会に突入した我が国はたくさんの介護ホームが作られています。2025年には団塊の世代が75歳以上になり、国民の10人に1人が高齢者となります。...