• 介護ホーム利用について

    介護保険に基づく介護ホームでのサービスを提供する事業者・施設と入居者の契約にあたっては、運営基準において、あらかじめ、入居申し込み者又はその家族に対して、事業運営についての重要事項に関する規程の概要、サービス提供にあたる者の勤務体制、その他の入居申し込み者のサービス選択に資する事項を記した文書を交付して説明を行い、当該サービスの提供の開始について入居申し込み者の同意を得なければならない旨の規定があります。



    この同意は、入居者及び事業者双方の保護のため、書面によることが望ましいとされています。

    介護ホームに入居する前に施設職員との事前面接の実施があります。



    サービス計画のプラン上、必要性が確認され入居申し込みを受けた後、入居日までに訪問面接が行えるよう家族と調整する必要があります。



    その際の介護ホームの面接メンバーは、入居者本人とその介護者と家族、介護ホームの責任者や生活相談員、看護師などによって構成されています。
    面接の目的は、サービス内容の説明と条件を確認し、同意のもとにスムーズな提供を目指すことです。
    入居者の心身の状況と日常生活状況を知り、入居者、家族の希望や要望を確認し、それに配慮したサービス提供に努めることが求められます。


    また、サービス計画書はこの時点で作成され、同意することが望ましく、個別機能訓練を予定している場合もこの時点でプランを作成し、同意を書面にて交わすことが求められます。