• 介護ホームを選ぶときに必要なこと

    超高齢化社会に突入した我が国はたくさんの介護ホームが作られています。

    2025年には団塊の世代が75歳以上になり、国民の10人に1人が高齢者となります。
    また認知症介護が問題になっている中、老々介護も日ごとに問題になっており、社会問題に発展しています。



    介護ホームは様々な種類があります。
    国や社会福祉法人が運営している特別養護老人ホームや民間企業などが運営している有料老人ホーム、また軽度の介護が必要な人が入居するケアハウス、認知症の人が生活するグループホームなどがあげられます。
    最近ではサービス付き高齢者専用住宅など、まだ介護サービスは必要ないが、将来、介護が必要な時や緊急で介護が必要になった時に、住宅に配置されている介護職員がすぐに駆けつけて適切なサービスをうける事ができる住宅などが単身高齢者や夫婦二人世帯の高齢者などに人気になっています。



    介護ホームを選ぶときに重要な点は、施設の安全面など設備はもちろんですが、どのような介護サービスをどのくらい受ける事が出来るのかということを念頭に置くとよいでしょう。



    介護はあくまでサービスの一環となるので、必ず費用が発生します。
    介護を受ける量が多ければ、その分料金が増えてきますが、介護保険では料金が決まっていますので、介護保険で賄えない部分では必ずオプションが発生してきます。

    そのオプションが大きく生活費に反映してくるので、費用に関してはしっかりとした説明を受ける必要があるでしょう。

    もしあなたが介護ホーム選びを検討しているならば、まずは介護とともに生活にかかる費用を介護ホームとしっかり相談したうえで探すことをおすすめします。